アイデアを出して 形にして行きましょう!

知恵を絞りましょう 知恵は無料です 商品も演出も知恵を使って お金は最小限の投資にしてゆきましょう

大井町の夜縮 (87).jpgこのおでん屋さんは いつも卵の黄身が二つ  心遣いが細やかで嬉しい演出お店を活性化したり 商品を活性化したりすることを考える時に 貴方は「お金がいくらかかるだろう、無理だなあ」と考えていませんか? 
決して、そんな事は無いのです。「あれはいくらくらいかかる、これは技術的に無理だなあ」と思うのは、貴方の「知識」から来ている問題です。
「知識」ではなくて、「知恵」を出して行きましょう。
 最小限のコストで 満足できる内容を実現する事が「知恵」で、この「知恵」が一番の財産です。昔は、資源も不足していましたし、生活も豊かでありませんし物も不足して不自由な生活でした。そういう時には、自然に「知恵」が付きます。不自由だから「知恵」が生まれるのかも知れません。
物が溢れる時代で、何不自由な事が無くなってくると、「知恵」を出す気にならなくて、「お金で済まそう」と思うようになってくるのが普通です。
私が、ソニー時代に中国のある協力メーカーに製品を作ってもらっていた時代ですが、ラインで流れてくる未完成の製品をひっくり返す工程が必要になりました。
「どうやってひっくり返そうか」と考えていた所、中国工場の人が「大丈夫」と言って、自らすぐに木を切り加工し、そのラインにピタッとくっつけました。見事に製品は 作った木の部分に乗っかり上手にひっくり返る事が出来て 製品も上手く流れて行き問題はすぐに解決出来ました。
これは、1990年代の話でしたが、当時の日本内の生産ラインでは、センサーをくっつけて 流れてきたらセンサーが反応して ラインに整備された「ひっくり返す器具」がそれをひっくり返す工程になっていました。その日本のラインは勿論高額な設備を購入したわけですが、どちらの方が「知恵」が働いていると思いますか? 
私は、その時に「日本でも昔は こうしてやっただろうな」と思いました。
お金があり、便利な世の中になると「創り出す事ではなく 買う事」で終わらせてしまう、「知恵よりお金で済ます事」になってゆく、これは怖い事だと強く感じました。
知恵が出て、工夫が出来る所は必ず伸びると断言します。知恵には、無限がありませんし、なんといっても「無料」なんです、これほど効率も効果もある投資はありません。 
同じく、1990年代にベトナムに行った時には、市場で中古のモーターと 羽(プロペラ)が売っていました。
 これは何に使うのかと現地の人に聞いたら、「ベトナム人は皆これを買って、扇風機を作るんだ ベトナムの家では当たり前だよ」と返事があり、非常に驚いた事を記憶しています。
モーターは小型ボートの船外モーターの中古品、羽(プロペラ)はスクリューの中古品です。日本人が、中古部品を買って 自宅で扇風機を作るなんて事は聞いた事もありません(日本でも豊かになってしまう前にはあったかもしれませんが) しかし それがベトナムでありました。 
物作りは手が起用で知恵が働く国民の所で育ちます。
ベトナム人も、手が大変起用で製造業も大変発達してきていますし、繊維関係も中国に次ぎ日本への輸出が盛んです。国民も大変真面目で勤勉で しかも人当たりも良いし、やさしい気持ちを持った人がとても多く魅力的な国民です。
中国人の知恵とベトナム人の器用さを見て、「この2カ国はこれから伸びる」とその時に確信しましたが、その後の発展ぶりは その時の直感を裏切りませんでした。

知恵を出した先人のお陰で、見事「ガチコロ優勝(神奈川のコロッケ選手権)」の例  これは見事の一語です

浜マーケット68-1.jpg三角形のコロッケ  コロッケは楕円系と決めたのは誰?
横浜市磯子区に「浜マーケット」という小さな商店街があります。
戦後の闇市場の名残があり、小規模ですが皆さん気さくで、笑顔がいっぱいあり大変魅力のある商店街です。
そこのカネヒラ商店というお肉屋さんで販売しているコロッケが通称「三角コロッケ」です。(神奈川商連主催のガチコロ選手権で優勝) 今から50年以上も前に、先々代の社長が考案したというコロッケですが、何と形は三角形、その当時も今もコロッケというと楕円系が主流ですが、発売当時から この「三角形」で発売したそうです。
その間、50年間この「三角コロッケ」は地元の人を中心に、多くの人の心をつかみ 今ではかなり広範囲の遠方から買いに来られるそうです。「懐かしい、あのコロッケ」と今でもご年配の方も買いに来られ、この「浜マーケット」の「無くてはならない物」「浜マーケットと言えば 三角コロッケ」「磯子と言えば浜マーケットの三角コロッケ」という人が多くいるくらいです。

「どうしたら コロッケが売れるのだろう?」と考えた最高の「知恵」

 勿論、味にも自信があったのでしょうが、もしこの形が「三角」でなく 普通の楕円系であればこんなに多くの人の心をつかむ事は出来なかったでしょう。
先々代も その事を考えて三角形にしたのでしょう、多くのコロッケが市場で 販売される中、自分の所で出すコロッケをどう売り込めばいいのか? 肉を一杯入れればコストも高くなるし、宣伝もいっぱいやるわけにもいかないし、そういう条件の中で、「知恵」を絞り、この三角形にして発売したのに違いありません。
50年前に これを実施する勇気とアイデアに乾杯ですね。

長年続く「愛情」と「感謝」の気持ちに繋がりお店の財産になる

この三角コロッケを販売するカネヒラ商店で、私もコロッケとミンチカツを買ったのですが、どちらも大変美味しく頂きました。また、お店の女性の方も 大変親切で しかも気さくです。 1,2個店頭在庫が残っていたのですが、「折角 今食べられるのなら、もうすぐ揚げたてが出来るので待ってて」と一声あり、それを頂きました。
三角形という形のユニークさに 味も負けていませんでしたし、お店の方の気遣いにも大変うれしく 味が心の中でさらに良くなりました。
 やはり、50年間続けられるアイデアに多くのファンが付き、販売する人たちは三角コロッケに対して「愛情」と「プライド」と「先々代への感謝」を感じながら 今も大切に守っているのだと強く感じ すっかりこのコロッケと浜マーケットのファンになりました。
 「店舗の活性化」の所で、視覚は聴覚を遥かにしのぐ情報量で、頭に記憶されると書きましたが、この「三角コロッケ」はまさにそれで、味覚をも超えています。 三角形にすることは 決して難しい事でもなく、コストもかかりません。
どうですか 「知恵」を出す事の意味が分かり、出してみようと思いませんか? 
貴方の周りでも、少し考える視点を変えてみるだけで、「魅力ある商品」「魅力ある売り方」に変わる事が必ずあると思います、一緒に考えて行きましょう。
浜マーケット (68).jpg気さくで親切なカネヒラ商店さん浜マーケット (121).jpg祝優勝のPOPが誇らしげにたなびいてました
浜マーケットは商店街レポートでも採り上げていますので ご覧ください。

1 企業、お店風土は?

MP900444049.JPG

社会的な意義を感じているか?等 企業やお店の姿勢が大切です

社会的意義を持とうLinkIcon

2 顧客本位になっていますか?

MP900149022.JPG

お客様本位で考えて実行してゆくのは 大変難しい事で、ついつい企業やお店の立場で考えてしまいます。
お客様本位のカルチャーへLinkIcon

3 改善姿勢はいつも持っていますか?

MP900438377.JPG

「これで完璧」とい事は決してありません。満足するのではなく、いつも改善の気持ちをもって 継続してゆけるかが大切です
いつも改善意識を持とうLinkIcon

4 プロデューサー意識を持っていますか?

Walkman1.jpg

貴方は大切な製品のプロデューサーです、どう演出してゆくのが良いのか?を絶えず考え 小さくても何かを演出してゆきましょう
プロデューサーになろう!LinkIcon

5 温まる接客を

MP900402597.JPG

お客様が企業やお店を選ぶ要因は 商品や価格だけではありません。笑顔一杯の心温まる接客に 心惹かれるのは今も昔も同じです
温まる接客をLinkIcon

6 管理は万全ですか?

bus0058-044.jpg

売上管理、利益管理、在庫管理、顧客管理は大丈夫ですか? 大切なお客様は、来なくなっていませんか? 売上が上がっても 利益が減っていることはありませんか?

管理も大切ですよ!LinkIcon

7 商店街の魅力は結束力
大須商店街2回目 (93).JPG

魅力的な商店街は「色」「味」がある。 結束力のある商店街は お客様が感じ取る事が出来る。 そんな魅力は「結束力」から生まれています

商店街の魅力作りLinkIcon

8 知恵(アイデア)を出しましょう
浜マーケット (121).jpg

最小限のコストで最大限の効果、「知恵」をどんどん出して行きましょう
知恵を出して行きましょうLinkIcon

9 お客様の声を聞こう!
MP900409324.jpg

お客様は、お店の事を思って叫んでいるのです。お客様の声を感謝して
聞くか、クレームとして聞くか? 違いは歴然です。
お客様の声を聞こう!LinkIcon