横須賀(横須賀市)

アメリカ海軍の街として発展してきた横須賀、どぶ板通り商店街はまさにアメリカ一色。街おこしの横須賀ネイビーバーガーも海軍カレーも逸品。

調査日 2011年7月
米軍のNAVY,自衛隊横須賀基地を中心に、「基地の街」としての顔が強い横須賀。
 想像以上にアメリカ的な要素が色濃くあり、少し驚いた。街の不動産屋も英語表記が普通で、メイン顧客が基地で働くアメリカ人、サブが日本人という感じで、「日本人向けもあります」の表記だった。改めて「基地がある」ということの社会的な意味が良く理解されるし、それと同居してゆく大切さと大変さを感じることが出来た。
 飲食店もドル表示が多く、通常に基地の制服を着たアメリカ人も多く歩き、沖縄のようだった。
 どぶ板商店街は、基地の色を一番強く残り、米軍の払下げ品や、ジャンパーなどを扱う店が多く、飲食店は 殆どバーガーと海軍カレー、その他はアメリカのパブのような感じで 独特の雰囲気がある。お昼間には、お休み中の米軍の人が飲食店やパブでパーティをやっているし、軍服をきたまま買物をして そのまま米軍基地にはいってゆく光景は普通である。
 街おこしの材料の「海軍カレー」と「横須賀ネイビーバーガー」は大変力が入っており、観光客の楽しみの一つになっている。お昼間には、パブで「ネイビーバーガー」を頂いたが、本格的でなかなか美味しい。「海軍カレー」もレトルトになって、今では多くのスーパーなどにも定番商品で置いてある。ご当地名物で 成功している良い参考例だと思います。
 また、横須賀中央駅方面の商店街は、平日のお昼間であったが大変多くの人が利用されているのには 少し驚いた。消費地としても、なかなか活気がある街になっている。東京から1時間ほどで、こんなに基地の雰囲気が強い所があるとは意外であった。




横須賀 (54).jpg制服でいっぱいの米軍の人たちが歩いている光景。
横須賀 (38).jpg横須賀 (98).jpg横須賀 (171).jpg
横須賀 (238).jpg横須賀 (289).jpg横須賀 (215).jpg
横須賀 (13).jpg横須賀 (62).jpg横須賀 (118).jpg
横須賀 (212).jpg横須賀 (243).jpg横須賀 (353).jpg

クリックすると拡大します。

関連リンクなどLinkIcon