テラスモール湘南(藤沢市)

湘南地区の初めての大型商業施設がオープン。湘南らしさも取り入れ、非常に魅力度が高い施設に驚くような賑わい。

調査日 2012年4月
JR辻堂駅北側の関東特殊鋼跡地に湘南地域最大の商業施設「テラスモール湘南」が2011年11月にオープンした。
湘南地域では初のシネコン、初の巨大施設、駅前ということもあり、メディア等では大きく採りあげられた。
 延べ床面積17万平方m、地上4階建ての施設は、湘南らしい快適な空間もあり非常に新しさを感じる。考えてみれば、湘南地区は、大きなまとまった商業施設はなかった。そういう意味では、地元の人には待望の大型商業施設であろう。
調査した日は平日の1時ー4時頃であったが、「どこからこんなに多くの人が集まるのだろうか?」と思うほど人が多かった。まるで土日を思わせるようなお客様の数で少し驚いた(商圏人口は10km圏で約120万人)  港北ららぽーとの土日の混み様くらいで、今の段階では、西は小田原あたりまで間違いなく商圏になっていると思う賑わい。
改めて湘南地域での大型強力施設であることを認識する。
 駅から隣接している大型施設なので、南側の商店街などの影響は非常に大きなモノになるだろう。
施設は、今流行りのサーキット構造であるが、屋上や各階のテラスにはベンチとテーブルなどが置かれ、明るい湘南の空を見上げながらランチも出来るようになっていて、OLが利用していた。また、飲食も大変充実しており「潮風キッチン」のシラス丼のお店には長い列が出来ているし、席も平日なのに半分は埋まっていた。
1階の「湘南マルシェ」も色々な食材などが入り、活気があり多くの人で賑わっている。
お店は定番のショップを出店させているが、あまり大型では見かけないお店も多く出店しており、差異化ができていて非常に面白い。英国から初出店の雑貨屋や、ミニクーパーのショールームなどもあり、新しいモノを見つけたい人にもよい場所になると思う(現在285店が出店している) 大型施設がオープンするとどこも同じようなデザインで、お店も同じようなナショナルチェーンが出店するが、この施設は非常に差異化が出来ていて面白い。(ちなみにここは住友商事系での開発)
地元の商店街からも誘致しているお店もあるが、既存商店街は駅の南側に位置し、この施設は駅をまたがって北側にあるので共存は少し難しそうである。
 駅の北側には、まだ開発可能の土地があり、これからもどんどん開発が進んで行きそうである。


テラスモール湘南 (20).jpgサーキット構造の施設
テラスモール湘南 (30).jpgテラスモール湘南 (40).jpgテラスモール湘南 (41).jpg
テラスモール湘南 (57).jpgテラスモール湘南 (102).jpgテラスモール湘南 (70).jpg
テラスモール湘南 (135).jpgテラスモール湘南 (138).jpgテラスモール湘南 (152).jpg
テラスモール湘南 (176).jpgテラスモール湘南 (217).jpgテラスモール湘南 (269).jpg
テラスモール湘南 (281).jpgテラスモール湘南 (304).jpgテラスモール湘南 (318).jpg
テラスモール湘南 (342).jpgテラスモール湘南 (352).jpgテラスモール湘南 (372).jpg
テラスモール湘南 (390).jpgテラスモール湘南 (405).jpgテラスモール湘南 (451).jpg

クリックすると拡大します。

関連リンクなどLinkIcon