下北沢(世田谷区)

自由が丘と並ぶ都内屈指の商業地ゾーン。秘密にしておきたいような店から、大型店まで 見事に集結している。劇場、ライブスペースのような分化施設まで 年齢関係なく楽しめる街。

調査日 2010年6月 2011年3月
京王線、小田急線の交差するターミナル駅での商店街エリアで、世田谷区民の生活消費と他地域からの若者中心の物販と食の購入地になっており、都内有数の消費エリアと言える。
 自由が丘を少し低年齢化したような感じ。また、本多劇場など文化的に導引するカルチャー施設、小劇場など下北沢独特の味付けをする施設もあり、衣食住楽の魅力あるエリアになっている。
 ここは、自由が丘と同じように、ひとつの「発信地」としての役割もあるため、アンテナショップやトライアル店なども多く出展されている。
 離れた細い道に、洒落た店があったり、散歩をしながら、発見し、買物をし、自分のお気に入りの店を作って行けるという「歩くことで発見」があるエリアで面白い。
 自由が丘よりも、車の量が少なく、道幅も広くてゆったりしているし、範囲も広いので何もなくても散歩するだけでも楽しめるエリアとしては、都内で一番ではないでしょうか。    
 色々なお店が出店しており、バリエーションが大変広いので、「自分のお気に入り」のお店が必ず一軒は見つかるような場所なのが下北沢の一番の強みで、いつまでも若い人にも ご年配の人にも支持される魅力だと感じます。
商店街構成
多くの商店街から、構成されており、それぞれの商店街が色んな活動をしているが下北沢全体で「音楽祭」などを実施し、大量の導引を図ることもしている。自由が丘のように、グローバルブランドの大規模店での出展は少ないが、小店舗のそれぞれは個性的で、面白い。



下北沢 (5).jpg道幅がとても良い、散歩をしながら街を歩き回れる楽しみがここにはある。
下北沢 (28).jpg下北沢 (48).jpg下北沢 (125).jpg
下北沢 (181).jpg下北沢 (269).jpg下北沢 (257).jpg
下北沢 (52).jpg下北沢 (143).jpg下北沢 (317).jpg
下北沢 (357).jpg下北沢 (387).jpg下北沢 (531).jpg

クリックすると拡大します。

関連リンクなどLinkIcon