大船 (鎌倉市)

大船の商店街は、いつもお店に活気があり、多くの人で賑わう。生鮮三品がこれほどメインで売れている商店街は珍しい

調査日 2012年3月
恐らく過去40回程、この商店街は行った事があるが、半年ぶりに木曜日のお昼間にゆっくり回った。
 「相変わらず買物客が異常に多い」 最初の印象がそれで 大船の商店街はいつも人に溢れ買物に繋がっている。
 生活密着型の代表格の商店街で、あまり他では見かけない強さがある。(平日の大船駅の乗車人数は約94000人で多い)
 駅前の市場には、「肉、魚、野菜」の生鮮三品が一番メインの所にあり価格も安い。
 店数も多いし競合もある しかし、どこも人が多くて活気に満ちている。
 惣菜も充実しているし、お茶などの関連食料品も比例して売れているし店も元気。
他のエリアと比べ大船だけ昭和の活気ある市場の風景を残している街となっている点も興味深い。

飲食店や夜の歓楽街も大船は、充実しておりお店も多いし味も良い、庶民的な感覚が残っているし変な店も少ない。
老舗の「観音食堂」や「鳥恵」にも何度行った事か分からないが、いつも満員で流行っている。夕方のオープン前には、行列が出来ているほどで、他ではあまりない光景がある。
 やはり、庶民的な味とその店の雰囲気や語らいが 居心地を作り、何度でも来るリピート客になって行くのが良く分かる。
 道幅も、非常に良い 狭い道でも車が通るので信じられないが事故は見た事がない。 鎌倉とは全く違う雰囲気で、横浜とも違う 大船は特別の雰囲気を持っている場所でいつも活気がある。
 ここに住んでいたら、商店街に行くのが楽しみになる、そこで元気がもらえる そう思えるような特別な場所だと思う。

 少し、駅前から離れると、昔の松竹映画大船撮影所跡の再開発エリアがあるが、その周りの飲食店などには「当時の銀幕スター(表現が古いですが)」の写真などがあり、大船が特別の街であった事がよく分かる。今でも その活気を残す大船、伝統がいつまでも残って欲しいですね。

大船 (29).jpgいつでも大勢の人に驚く、平日の1時半頃の撮影 夕方はもっと多くなってくる
大船 (40).jpg大船 (43).jpg大船 (102).jpg
大船 (82).jpg大船 (95).jpg大船 (109).jpg
大船 (30).jpg大船 (51).jpg大船 (98).jpg
大船 (104).jpg大船 (122).jpg大船 (115).jpg

クリックすると拡大します。

関連リンクなどLinkIcon