高円寺商店街(杉並区)

純情通り商店街、PAL商店街、ルック商店街は それぞれ良い味を出し、夏の阿波踊りは あまりにも有名で 庶民の味方の商店街。

調査日 2010年5月
駅の北側に「純情商店街」南側に「パル」 「ルック」と3つの大きな商店街がメインで構成され、庚申通り商店街、中通商店街、北中通り商店街(北側) エトワール商店街が連結している。
 「純情」はねじめ正一さんの作品で有名になったところですが、今年(2010年)はWCの優勝国当てクイズなど非常にイベントの活気があり、「純情商店街」は高円寺の生活品の購入として顔となっている。
 パルは駅に隣接しており、アーケードも設備、家庭雑貨を含めた日用品、食料品など全て購入でき大きな規模である。 若い人が多いのはパルが「純情通り」をしのぐ。
 ルックはパルの延長上の処であるが、昔ながらの商店は閉店状態が多い。
 しかしながら、すごいところは、ここに若い人の衣料品店や雑貨店、レストランが非常に出てきており、商店街の方の「誘致策」のよい見本である。連鎖閉店の運命にある中心地商店街の打開策として、非常に参考になる。
 純情商店街、パル、ルックともそれぞれの顔があり楽しめる。長い目で見るとアーケードの投資や魅力店の誘致という意味で、パルが強い気がするが3つの大きな商店街と飲食店でも特別な雰囲気を出す中通商店街などで、高円寺独特の良さを醸し出せていると思います。山の手でありながら、下町人情のある高円寺は お隣の阿佐ヶ谷や荻窪とも違う、高円寺の良さはそこにある。
 夏の大イベントの「阿波おどり」は100万人以上の観客を呼ぶ屈指のイベント、そのパワーの源がこの人情のような気がします。
 純情商店街のPR場所「まちの駅」は非常に面白く、また身近な名前で、親しみを感じる。新宿からも近いが、下町的な所もあり、「純情通り」の名前のとおり、何か素直に散歩や買い物が楽しめるアットホームな商店街である。

高円寺商店街 (6).jpg純情通り商店街 名前がいいですね
高円寺商店街 (14).jpg高円寺商店街 (33).jpg高円寺商店街 (92).jpg
高円寺商店街 (123).jpg高円寺商店街 (167).jpg高円寺商店街 (175).jpg
高円寺商店街 (42).jpg高円寺商店街 (130).jpg高円寺商店街 (159).jpg

クリックすると拡大します。

関連リンクなどLinkIcon