吉祥寺駅周辺の商店街(武蔵野市)

学生の多さ、閑静な高級住宅地、自然が一杯の井の頭公園を有し、大きな商業施設だけでなく ハーモニカ横丁、中道商店街を含めて、大変楽しいエリアになっている。東京近郊で「住みたい街ナンバー1」に選ばれる理由が十分理解できる。

調査日 2010年6月 2011年5月 
「井の頭公園」から駅にかけてのルートには、専門店化したお洒落な店が非常に多く並び、のんびりとしたイメージに出来上がり、駅の反対側には「サンロード商店街(アーケード整備)」を中心に、衣料や雑貨を中心に大変な賑わいを見せる。
また、大変ユニークな「ハーモニカ横丁」には、魚屋から、飲食店、ジーンズ店など軒を連ね、区画整理前の古きよき時代を思わせる。
 戦後の闇市が残っている商店街は関東にも結構あるが、吉祥寺のハーモニカ横丁は大変上手く活性化され、吉祥寺の大きな魅力として貢献している。
 その周辺には、長蛇の列を作る「メンチカツ」を販売するお肉屋さんの「サトウ」や、人気の和菓子の「小ざさ」などがあり、テレビの商店街特集では必ず取り上げられるお店の一つになっている。
 小さなエリアには「ハーモニカ横丁」や人気店があり、ある意味では「雑然とした面白さ」を演出し、吉祥寺独自の存在感を出している。
 下北沢と吉祥寺は、ライバル関係にあると思うがそれぞれ面白みがある。サンロードを中心にして多くの商店街で、吉祥寺駅を取り巻く形で形成されているが、圧倒的にサンロード界隈に人が集まる。
 駅周辺には、飲食店を中心に繁華街が構成されて、そこには新しいコンセプトの店等の出店が多く、街全体の活気を発信している一つになっている。
 また、中道通り商店街にはユニークなお店が並び、「私だけの店的な雰囲気の店も多く、小さいながら大変魅力のあるお洒落な商店街になっていて 歩いて散歩するのにも買物にも丁度良い。
大きな店と中くらいの店、また小さい店がそれぞれ皆元気で、吉祥寺の魅力を構成していて関東随一の街になっていると強く感じる。井頭公園周辺は、落ち着いた雰囲気で徒歩15分で様相ががらりと違う面白さがある。散歩、買物、飲食などのすべてが楽しめるエリアと思うし、大型商業施設も数多くあり、それらと上手く共存共栄できている大変よい参考例だと思います。東京近郊では、将来も含めて商店街ならびに商業ゾーンとしてナンバー1だと思います。

吉祥寺2回目 (22).jpgいつも行列が出来るさとうお肉屋さん)のミンチカツは大人気
吉祥寺2回目 (108).jpg吉祥寺2回目 (109).jpg吉祥寺2回目 (183).jpg
吉祥寺商店街 (132).jpg吉祥寺商店街 (457).jpg吉祥寺商店街 (480).jpg
吉祥寺商店街 (53).jpg吉祥寺商店街 (242).jpg吉祥寺商店街 (348).jpg
吉祥寺商店街 (306).jpg吉祥寺商店街 (182).jpg吉祥寺商店街 (331).jpg

クリックすると拡大します。

関連リンクなどLinkIcon