千歳烏山(世田谷区)

調査時期 2010年5月
世田谷区の中でも、少しユニークな千歳烏山エルモール商店街は、商店街の中心に区役所があり、住民にとっては買物にも行政などの手続きなどにもかなり便利な商店街で、調査した日はあいにくの雨であったがかなり多くの人で賑わっていた。

 ここは、駅と線路を挟み両方向に多くの物販店、サービス飲食店が拡がり、食材だけでなく衣料品も含め殆どの物は買物が出来る大変便利な商店街で、販売力もある商店街の一つ(その点で川崎市内の元住吉商店街とも少し似ていると思います)

この商店街の最大の特長は、買物に合わせて「スタンプ」を配るダイヤスタンプ。
商店街で使えるスタンプの販促活動は他にもありますが、ここのダイヤスタンプは地元の金融で使えたり、バス券や映画館のチケットとしても利用が出来て大変ユニークです。 いわゆる、地域通貨的な役割を果たす非常に強力な物になっています。
 また、このダイヤスタンプが進化して、ICカード搭載のLUCK CARDになって導入されています。
商店街でのお買い物でポイントが貯まって行くだけでなく、地域の掃除などのボランティア活動に参加することによりこのLUCK CARDにポイントがプラスされてゆく仕組みになっています。  この分はコミュニティポイントと呼ばれ、お買い物ポイントと合算されてゆくので、非常にカードとしての役割も大きいと思います。
 地域の商店にとっては、ポイントをためてもらえるので、囲い込みの良い販促になる。
一方、地域の人たちが商店街の周りや、そのほかのエリアの掃除等を含めて、ボランティア活動を積極的になることもあり、「地域に対する愛情」を熟成させる役目も持っていると思います。
地域を大切にする意識は、今非常に希薄になってきている都会人にとって、スタートしやすい具体的な策になっているのではないでしょうか?
親と一緒に子供も積極的に参加したりすることで、幼い時から「地域」を意識して生活することが出来るようになることは大変大切な事だと感じます。
また、このポイントは、世田谷の施設の一部でも使えるようになっていて、世田谷の住民としての意識も強まる効果も含んでいます。

 ダイヤスタンプは、あくまでも紙なので、台紙に貼るなど面倒なことや、スタンプや台紙の印刷などのコストもかかるが、カードの場合は初期投資(カードやカードリーダーやシステム)などはかかるが、お客様にとってもお店にとって便利になって行くには違いない。 子供の教育、地域にも貢献、商店街の活性化の1枚3役のカードです。
投資費用はかなりかかったと思いますが、商店街の皆さんが「一致協力」して盛り上げて行こうとする活動は、全国の商店街のお手本になる活動と感じます。

世田谷区の商店街は、殆ど回りましたが、このようなICカードでの取組は他では見られなかった。 下高井戸の下高ステーションや千歳烏山のカード、世田谷区の商店街は色々な取り組みをされています。
お客様の事を考えて行動して、それが具体的に展開されて効果が出ているのが素晴らしいと思います。



千歳烏山 (99).jpg区役所も商店街の真ん中にあり、買物も手続きも便利、駅線路を挟み両方に発展。千歳烏山は大変便利な商店街
千歳烏山 (2).jpg千歳烏山 (7).jpg千歳烏山 (5).jpg
千歳烏山 (9).jpg千歳烏山 (10).jpg千歳烏山 (17).jpg
千歳烏山 (20).jpg千歳烏山 (28).jpg千歳烏山 (35).jpg
千歳烏山 (37).jpg千歳烏山 (52).jpg千歳烏山 (54).jpg
千歳烏山 (62).jpg千歳烏山 (81).jpg千歳烏山 (78).jpg
千歳烏山 (77).jpg千歳烏山 (79).jpg千歳烏山 (120).jpg

クリックすると拡大します。

関連リンクなどLinkIcon