自分のやり方を信じて 貫き通してお客様に喜ばれる喜び

「お客様の喜んだ顔が直接見れるのが最高なんだよね」  
株式会社のるすく 北田社長

2012年4月08日

都立大学 (12).jpg目黒区の都立大学駅から、徒歩2分くらいのところに手作り家具のお店があった、私自身、日曜大工が好きで興味本位でお店に入ってみました。
そのお店の名前は「norsk のるすく」、一階には花を中心にしたガーデニング関係、地下にオーダーメイドの手作り家具(norsk)のショールームになっており、店内には無垢材の洒落たテーブルや家具、無垢材のサンプルなどがあり 照明なども丁度良い具合でショールーム空間としても大変お洒落な場所であった。
店内を少し見ていると、大変可愛い素敵な女性が、やさしい笑顔をプラスして色々と教えてくれた。「一見さんに ここまでやさしい雰囲気で接する事は中々できないことだなあ」と少し感心していたら、大きな机で店舗設計の仕事をされている人が居た。
「何の物件ですか?」と私が図々しく聞くと、「銀座のお店の 店舗設計なんですよ」と大変気さくに答えてくれた。その人がオーナーの北田たくみ代表取締役だった。
私と偶然にも同い年だったが、髪を後ろに縛り、可愛いつぶらな瞳の持ち主で、一目見て「モノづくりが好きなんだろうな」と思った(私の目に狂いはなかったです 私も商品企画でモノづくりをしていましたので一目見たら分かります) 
 幸いにも初対面でありながら、色々と勉強になる話が聞けたので、紹介したいと思います。 北田さんは、20代の時に「手作りの家具」の仕事を始められ、今では住居建築、店舗設計、マンションリフォーム、オリジナル家具制作を含めた住居のトータルコーディネートをされているが「一貫して自分のやり方をずっと貫いてきて、何とか今の自分があり貫き通してきて良かったと思う」とおしゃっていました。
「オーダーメイドの手作りの家具というのは、注文を受けるよりずっと前に大変高価な無垢材の買い付けから始まるので 在庫もいっぱいたまるし、売れるとは限らないしリスクも高い、しかもお客様によっては無垢材や手作りの家具自都立大学 (18).jpg体や、設計デザイン等の価値も伝えにくい。 だから 大手は利益も取れないのでやりたがらない」ビジネスとして考えるとそれも良く分かる。
 しかし、自分は 良いモノを作り、価値を分かってもらえるお客様が喜ぶ顔を見ると「やはり これしかないな」と思い、ずっと30年以上同じやり方を続けてきた。「お金を儲けるのが上手い人もいるけど それにはあまり興味はないんだよね、自分が一生懸命に作った家具を、お客様も喜んでもらって 大切に長く使ってもらえることが一番だと思うから この仕事を続けているんだし、不思議とそう思いながら続けているとお客様が他のお客様を紹介してくれたりして、どうにか仕事も忙しく続けられているので 一番嬉しいですね」と屈託がない笑顔で話された。 
この人の作品を写真で何点も見たが、みんな大変魅力的に出来ている。こんな作品が友人の家にあったら「どこで買ったの?」と聞くだろうし 友人も自慢するだけでなく勧めるだろう、それだけ一人の素晴らしい職人が作った作品は、惹き付ける「力」がある。
しかし、私は 厳しいオーダーメイドの手作り家具のビジネスというのは、家具という作品だけでなく、施主さんと家具のクリエーター(北田さん)の関係に「信頼」を築けられる「人柄」も大切な要素だと思う。
その家の家具は、大変長く付き合ってゆくモノであり、手作り家具というものは一生の付き合い、またそれ以上に子供へ引き継いでゆけるものでもある。その意味では、北田さんと施主さんとの間には、ライフスタイルの共有とも言える相談があり「信頼」の上に成り立っている。家具は その相談の応えの一つなのであろう。
北田さんは、一度仕事を受けると とことん拘りをもち詳細な所も気になる性格なので「大工泣かせ」かも知れない。昨年の東日本震災の当日は、仕事を受けた現場の事が気になり、大渋滞にもかかわらず現場に直行したそうだ。「だって 自分の子供と一緒だから それは気になるよ」と当たり前のように話された。
 ご自身の家の事はその次だったそうだ、30年間以上、自分のやり方を信じて 自分のやりたいことを貫き通し その仕事を分かってくれるお客様から仕事を引き受ける。
クリエーターであり、会社を引っ張る社長であり、頑固で一途な職人である北田さんに感心し 「こういう人に、仕事を任せると素敵なモノが出来上がるだろうなあ」と思いながら お店をあとにした。 
北田さんの作品は素敵な作品が一杯あるが、どんどんこれからもより魅力的な作品になってゆくと思う。職人気質が、ピュアであり続ける限り「技術向上」がある、まだまだ発展すると思います。「モノづくり日本」の復活とよく記事に取り上げられているが、北田さんのような、一途でピュアな気持ちが続く事が,必要条件だと思います。
素敵な作品や、仕事を頼んでみたい方は 是非一度お店を尋ねられたら良いと思います、お勧めです。
株式会社のるすく (デザイン設計 一級建築事務所)
SHOWROOM
住所 東京都目黒区中根2-1-15 サウスサイド都立大1F/B1F
電話 03-5731-8500  HPも大変充実しています  www.norsk.jp